霊視報告

本日は月次祭 誠におめでとうございます。

月次祭で御浄霊を戴いている間に拝した霊視を報告させて頂きます。

球体に輪っが掛かろうとして傾いています。
輪っかの大きさは球体より二周り程大きめですが、中々掛かる事が出来ず、傾いたままです。

場面が変わりふくさに包まれている物が見えます。
ふくさが開き中の物が見えます。
黄金に輝いています。
中の黄金の耀きがふくさに迄反映するかのようです。
分かり安く表現すると新品の小判を積み重ねたようなあるいは
金の延べ棒を積んだようにも見えます。

松原出張所の御神体様です。

場面が変わりました。
踏み出そうとしている足です。
目の前に天に繋がっていくかのような階段があります。

階段のずっと先にお社のようなものがあるのが微かに拝する事が出来ました。

見えていた足が一歩階段を踏みしめました。

以上でございます。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。