平成29年7月2日 霊視報告

7月1日   午後9時
ご本部  月次祭
代表  百日祭
参拝の為  大阪より夜行バスで出発致しました。
私達は最後部の座席で ゆったりしたスペースの中 快適に過ごせる事を感謝致しました。
バス 出発直後  車内は消灯されました。
わたしは軽く目を閉じました。
次に驚く光景が頭の中に入って来ました。
前の座席にいる人達が振り返っているのですが  その顔は全員  動物でした。
馬、羊、鹿、うさぎ・・・  種類は様々でしたが一様に口を
開け  何かを訴えているようです。
驚いて 暗闇の中   目をこらして前の座席を見回しましたが 普通の人達が座っている光景でした。
********************************************************************
平成29年7月2日
本部月次祭
ご浄霊を戴くなか拝しました 霊視の報告をさせて戴きます。
雲海が広がり、雲海より出でた三つの山が見えます。
右側の山の頂点辺りが  スパッと切り取られ中から光が勢いよく飛び出しました。
ぐるぐると光を放ちながら 縦、横、回り続けています。例えるなら  光を放ちながら回転するとても大きなハンドスピナーのような感覚です。
切り取られた山を上から見ています。
中は暗く何も見えませんが光が飛び出した後   空洞になっているようです。
場面が変わり  いくつもの懐中電灯がこちらに向けられています。
あらゆる方向を照らしています。
全員が照らされています。
人々が一例に歩いています。
その中の一人の左肩に正方形の白い布が
縫い付けられています。
布に書かれていた文字は
 薬入り  でした。
厳しい表情の方が椅子に座っておられ、
人々が通るごとに
表情は変わられ、厳しい時もありますが
大きな口をあけて笑っておられる時もありました。
閻魔大王様のようです。
やがて  地面が渦を巻き  何もかも呑み込んでいきます。
地の底に行くようです。
渦の中には人の姿も見えます。
以上でごさいます。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。