平成29年節分祭・立春祭 霊視報告

今年2月での霊視報告のご要望がございましたので、アップさせて頂きます。

<Tさんによる節分祭、立春祭での霊視報告>

「節分、立春祭 参拝お許し戴き誠に有り難うございました。

二日間を通しての霊視報告をさせて戴きます。

どちらもご浄霊を戴いている間の霊視です。」

 

「節分祭」

扉が見えます。扉は数ミリか数センチしか開いていません。

扉の中は光りで溢れています。

ほんの少ししか開いていないですが こちら側にもその光りの凄さが伝わり とてもまぶしくて目を開けているのがやっとです。

場面は変わり 夜空に星が見えます。

中央は黄金に光っていて周りは緑のように見えます。

頭の中に北斗七星と浮かびました。

緑が気になっていました。

いつも代表先生からご浄霊を戴きますと紫色の光りで溢れているのですが本日は緑色を感じます。

代表先生のご浄霊が変わられたのかな?と思った瞬間 代表先生の腹中から大のお文字が飛び出しました。

大のお文字は頭部、両手、腹、両足と6ケ所に現れています。

 

 

「立春祭」

鶯が一羽 枝に止まっています。

左右を見回しています。

飛び立つ気配はありません。

場面が変わりました。

 

勾玉が一つ 又一つ現れ 二つが合体し 円になる様が見えます。

その円はやがて皆既日食のように変化していき、中央は暗いのですが重なっている外側の円からおびただしい無数の光りの筋が出ていました。

 

以上が 節分、立春祭 二日間にまたがる 霊視報告でございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。