世界救世(メシヤ)教復興に向けて

平成29年12月3日
代表先生の夢を見ました。
大きな建物の中で代表先生がお帰りになるのをお待ちしています。
建物の内部は回り廊下になっています。
やがて 大勢の方を伴われて代表先生が戻って来られました。
激務をこなしておられる御様子で  少し
お疲れが出ているように見受けられます。
お身体を休める為に横になられました。
私は 朝食は何に致しましょうかと尋ねましたら、
「パン」とお答え戴きましたが  パン?
不思議な気がしました。
場面が変わり  代表先生から分厚い束の資料を渡され  拝読するようにと伝わって来ました。
しかし  申し訳なくも何処を拝読すればよいのか私には分かりませんでした
夢はここで 目が覚めました。
本日は大黒様祭の日ですので お膳の用意をしながら 夢で渡された資料の事を考えていました。
大黒様祭を終えた時に 頭に浮かんだのは
ファイリングしていない  メシヤ講座の資料でした。
整理しなければと気になっていた事です。
早速に年代別に整理を始めましたら 直ぐに これだと思わされる資料が出て来ました。
2009年2月
です。
12月23日  御降臨祭において誓願させて戴く決意が中身の無いものにならないようにと  再度 代表先生が渡して下さいました。
どうか  一人残らず
趣意書を拝読されて
誠の誓願を許されて下さい。
代表先生の思いを引き継がせて戴きます。
夢の中で代表が
「パン」とお答えされた事を考えて見ました。
箱根本山の御奉仕のあと24日から台湾に行ってました。
台湾中央に位置する場所に台湾最大の湖があります。
日月潭といいます。
台湾のへそと呼ばれています。
正に神界から現界に
光の柱が降り立った様のように見えます。
日本で起きている事は同時に世界でも起きて行くという表れではないでしょうか。
世界を救うという意味を込めて 代表先生は「パン」をと言われたのではないかと
思いました。
以上が夢の奉告でございます。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。