我を去れ

『救世』五十号、昭和二十五年二月十八日

我を去れ

凡そ人間生活上、我程恐ろしいものはあるまい、霊界の修行は我をとる事が第一義とされているにみても知らるるのである、私は以前大本教信者の時お筆先の中に斯ういう一節があった、「神でさえ、我でしくじりたのであるから、我程怖いものはないぞよ」とあり又「我がなくてはならず我があってはならず、我があって我を出さないのがよいのであるぞよ」とあり、此意味たるや実に簡単にして我の実体を道破しているには感銘に堪えなかったのである、それによって私も大いに反省した事は勿論である。
又お筆先に、人間は「素直が一等であるぞよ」との言葉も、実に至言と思った、というのは、今日まで私の言う事を素直に聞いた人は洵に順調に行き失敗はないが、我の強い為なかなかそうはゆかない人もある、その為上く失敗するのをみるのは、実に辛いものである。
右の如く我を出さない事と、素直にする事と、嘘をつかない事が先ず信仰の妙諦である。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。