平成30年3月3日  本祝典霊視報告

平成30年3月3日
メシヤ降誕本祝典
霊視させて戴いた内容をご報告させて戴きます。
午前10時
奥津城にてご挨拶
天津祝詞奏上が始まると同時に辺りは紫色の光りで被われ、奥津城の頂上から空気がゆらゆらと動きだしました。
いよいよ お出ましになる時が来たのを身体中で感じます。
11時
仮光明会館にて開式
ご浄霊を戴くなか
拝しました霊視の報告をさせて戴きます。
黄金色の光の輪が経に回転をしています。
とても早いスピードで
回転をしながら 段々経から 緯に向きが変わり、やがて
全方位が光の輪になりました。
光の周りを虹の輪が
幾重にも重なっています。
例えて表しますと
『ハロ現象』というよりも『花粉光環』の様に
よく似た 状態です。
美しく、とてつもなく
高貴な耀きです。
光の中心 遠くにx(エックス)が見えます。
xは 程なくして『大』の
お文字になり、段々と大きくなり、見渡す限り『大』のお文字になりました。
気がつけば
今迄 の『大』のお文字は線で見えていた様です。
線の『大』から
太筆で書かれたような【大】のお文字に変わりました。
いよいよです。
メシヤ様が 御神力を振るわれる時となりました。
場面が変わり、筒状の出口から黄金色のセメントが次から次に溢れだし
大量に準備されているようです。
「H」型が見えます。
Hに見えたものは建築に使用されるH鋼の様です。
一番重要な骨組み、地震に耐える骨組みに用いられる部材の様です。
メシヤ様の大神力が現界
に発動されました事を心よりお讃え申し上げ、
救いのお働きの一部を我々が担わせて頂く
決意と実行により 神館
建設が叶う と受け取らせて頂きました。
祭典終了後
奥津城での御挨拶
祝詞奏上が始まりますと今迄 拝した事のない
真っ赤に燃え上がる
空気感を感じます。
お待たせしたお詫びと
お出まし戴いた感謝の想念が燃え上がっている様です。
先達される方と我々の想念が合致していると受け取らせて頂きました。
奥津城を見上げますと
太く力強い【大】のお文字が左から右へ流れるように美しく 現れていました。
以上でございます。
霊視報告 させて戴きました事 心より 御礼申し上げます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。