花粉症について

花粉症について

<質問者> あまり名誉なことではないのですが、この春、私の夫が花粉症デビュ-を果たしました。とても辛そうです。どこを浄霊すれば良いのでしょうか?

首筋ですね。後ろから首の付け根のところを片手で掴みまして、親指と中指が当たるところがあります。そのあたりを軽くもみますと、痛がるところが在ります。人によって多少異なりますが、必ず凝りが在ります。そこを丁寧に浄霊してあげてください。根気よくね。それから首が凝っているということは、肩も凝っていますからそこもするほうが良いですね。更に、肩が凝るということは腎臓の働きが良くありませんから、そちらもしてあげてください。

ところで、花粉症は国民病と言われる位ですから大勢の方々が悩まされていますね。全国で1300万人(スギ花粉症)位いらっしゃるそうですね。その為研究も進んでおり、抗体「IgE」が花粉症の鍵を握っているということは解っているそうですね。しかしそれは花粉症発症のメカニズムが解ってきたに過ぎません。真の原因を考えておかなければなりません.3月10日付の読売新聞では、発症メカニズムの説明に続いて「さらにやっかいなのは、花粉症が生活環境の変化や体調にも大きく影響されるところだ.就職や結婚、転居などで生活リズムが変わったり、風邪やインフルエンザにかかったりすると発症しやすくなる。免疫のバランスが崩れるからだ.」と記述していました。私は、この生活こそ見直さねばならないと思います。

見直すべきは、何時も申し上げているように「食生活」ですね。経済至上主義に翻弄されるのは止めないと、とんでもないことになりますよ。農業政策にも問題があるのですがね。有害な農薬や化学肥料を使用した農産物を食べないことです。また有害な食品添加物を使用した食品を食べないことです。今、経済問題が語られるときに、「構造改革」と良く言われますが、「生活改革」が必要です。また、農産物の輸入制限なんてものも取り沙汰されていますが、「有害なものは、国内産であろうが国外産であろうが市場に出させない」位の姿勢が無いといけません.インフラなんて言っても根本的な人間の生活そのものの在り様を見直した上のことでなければ何にもなりません。話が過激になってきましたが、どうしても改革が必要です。マクドナルドの社長が「日本人の味覚を変える」と豪語しましたが、本当にそうなってしまいました。情けないことです。まず旬のものを知らない.次に「春は芽吹くものを食べなさい」「夏は葉のもの」「秋は実のもの」「冬は根のもの」ということを知らない。知らないと言うよりも教えられていませんね。それで、本題に戻りますが、浄霊すると共に食生活を見直すことも必要ですよ。

********************************************************************

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。