判釈・「最後の審判」の型は、精神病と血液病の蔓延

その要素を的確に取り次いでいくのが、宗教の役割です。宗教活動は‘あらゆるものの判釈(はんじゃく)を示していく取り組み’と言われています。メシヤ教の場合、他の宗教と際立って異なるところは病気に対する判釈を持っているということです。

中でも薬禍・薬害の警鐘を鳴らし、広く世論を喚起したことは特筆すべきことです。そして、メシヤの教えによれば「最後の審判」の型は精神病と血液病の蔓延で現れる、とされています。

近年起こる犯罪を検証すれば、精神異常の度合いがかなり進んでいることが窺えます。血液病は、エイズに象徴されます。警告通りに推移していることに驚愕します。宗教の果たす役割は、非常に重大になっております。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。