メ-ル交換 Q&A

(1)明主様は九州(別府)に地上天国のひな型を建設すると仰っていますが、先生がそれをされるのですか。それとも晴明教の本部がそれに値するものなのですか。

(2)大分に救世主教という大きい宗教団体があり明主様教団の分派らしいですがそれは先生の見解ではどう思われますか。ここの開祖が主神の啓示を受けたらしいですが。

(3)先生はなぜ毎月松原にいかれるのですか。霊的に何か重要地点なのですか。

(4)先生は世界救世教を脱退されたとあり、それは教団の怠慢が原因と仰っていますが具体的にはどういう点ですか。また独立されて活動されていますがどのような成果があがっていますか。

(5)万教同根の信念をおもちですが、将来的には世界救世教との和解もありえますか。

(6)5代教主様について

(7)明主様教団が総勢500万人とおっしゃっており一つになるとすごい力を発揮するとおっしゃっていますが同感です。そこで(A)実現可能か。またその方策は(B)現在の主要教団について先生の私見でけっこうなので感想を教えてください。

以上です。よろしくおねがいします。<2004.4.19・PM5:38>

A.  ご質問をいただきありがとうございます。私は明朝から25日まで北海道へ出張致しますので、その準備のために忙殺されていまして充分なお答えができかねますが、順を追ってお答え致します。

(1)私は、国内では札幌市定山渓温泉と別府温泉の地に建設させていただきたいと願っております。候補地は大体の目安が出来ております。晴明教は素晴しい教団と思いますが、値するかどうかは論じられません。

(2)世界救世教から離脱した教団は、教祖ご昇天後の教団運営、とりわけ大本教と二代様の関係に異を唱えた教会長や一元化と称する‘教会制廃止’にまつわる三代様との関りで離脱を余儀無くされた教会長によってなされた模様です。そのため様々な密約が交わされ、またそれを反故にされたという経緯があります。現在それらを氷解させ、御神業に邁進されているならば、素晴らしいの一言です。

(3)私に繋がる信者さんは2年前までは関西にはおりませんでした。メシヤ講座に触れて縁が生まれ、御神体を奉斎された方が松原市に在住されていますので、出張の道中に立ち寄るのです。

(4)この内容は、教団裏面史に関わる内容ですので、やはりお会いできた時にお話しするほうがよろしいと思われます。しかも長い話になります。

(5)万教同根、万教帰一の願いを掲げています。将来エルサレムの開かずの扉を開く神事を執り行いたいとも願っています。その過程の中には世界救世教、離脱教団と手を取り合わねばなりません。

(6)五代教主様については、質問の趣旨がわかりかねます。

(7)実現可能だと信じています。既に一部の教団首脳部同士の会合は不定期ながらあるようです。方策のヒントですが、仏教の祖は伊都能売神皇、ユダヤ教キリスト教の祖は素盞鳴尊、イスラム教はキリストの選民意識とは別に「人間は弱い存在」として創唱されています。例えば、豚を食べない、女性の服装を制限する、断食期間を設けるなどの戒律がその典型です。宗教は国境を越える時に学問となります。そのために異境の地では洗練され、時代を重ねるごとに工夫が加わりますが、やはり‘群盲象を・・・’の領域を脱していません。「岡田茂吉全集」が発刊されていることをご存知かと思いますが、かなり外圧があり苦慮している模様です。一同団結するには未定稿扱いの御教えを広く共有しその宣布に努めていかねばならないでしょう。(B)についてもお会いした時にお話致しましょう。はしょったお返事になって失礼致しました。

メシヤ教
楳木和麿<2004.4.19・PM11:41>

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。