家庭祭について

そして、月に一度「家庭祭」を執り行わせていただきます。この時は御神体にハタキを掛けさせていただき、念入りな清掃をさせていただき準備をさせていただきます。そのあり方は資格者の方から実際に教えていただいてください。

家庭祭では一ヶ月間自分の計画したことにどのように取り組んだかを奉告申し上げ、感謝を捧げます。そして、向こう一ヶ月の取り組みに対して御守護をお祈り申し上げます。また、自分に関わる色々な方々の御守護報告や御守護お願いをさせていただきます。

お礼を申し上げ、更なる御力をいただくお祭りなのだ、とお考えください。

このように一日一日の過ごし方、月々のあり方を捉えていただければよろしいかと思います。大黒様は、毎朝お茶をお供えしてご挨拶してください。「お金を運んでください」と直接お願いして良いことになっていますので、どんどんお願いしてください。

以上、御神体を中心にして日を送らせていただくあり方についてお話いたしました。本日は誠におめでとうございました。(要旨・9月16日、奈良市<旧都祁村>にて)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。