平成30年5月5日 霊視報告

平成30年5月5日
世界救世教復興祭
御浄霊を戴く中 拝しました霊視のご報告をさせて戴きます。
三角形が  一つ、二つ、
三つ 見えます。
壁が見えます。
壁に鳥の爪がかかりそうです。
安定する場所を何度か探り 壁にとまる事が出来ました。
飛び出す準備をするかのように 大きな羽をバタバタと拡げています。
桃太郎に追随させて戴く
雉の様に思わされます。
黄金色の小川が流れています。
本来は真っ直ぐに流れる小川のようですが、所々に石の固まりがあり
流れを変えているように見えます。
誤った意思が流れの邪魔をしているように思えました。
場面が変わり 無数の白い小皿があります。
大きさは変わりませんが
形は少しずつ違っています。
小皿を取り上げて絵付けをされる御手が見えました。
畏れ多くも メシヤ様と思わされます。
各々の魂に使命を与えられておられる場面ではと思います。
黄金色の雛が生まれました。
み教え通りに進まれた方から次の方が生まれたようです。
やがて 黄金色の薄い雲が
三角錐の山を覆い 、雲は下降していきます。
山の頂上がはっきりと見えます。
世界救世教復興に向けての準備が整いました。
出陣の時が来たようです。
以上でございます。
霊視 お許し戴きましたこと心より御礼申し上げます。
誠に有難うございました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。