平成30年6月15日 新紀元祭 霊視報告

平成30年6月15日
新紀元祭 箱根の部
ご浄霊を戴く中
拝しました霊視の報告をさせて戴きます。
上から見ています。
火口から直線に何本もの光りが飛び出しています。
いよいよ 御顕現遊ばされた様子と思われます。
場面は変わり一本の道が見えました。
舗装された道路のように見えます。
どんどん 進んで行きます。
かなりのスピードで進みやがて 深い緑に覆われた山の中に入りました。
しかしその道は 山中を進んでいるのにも関わらず黄金色に輝いています。
我々が進むこれから先の道が黄金道であるかのようです。
羅針盤 あるいは時計にも見える 円盤が現れました。
針は12を指しています。
針は大きく振られては戻りを何回か繰り返しました。
やがて針は1の位置で止まりました。
又 針は動き出し1から
6の位置(盤の半分)右側が
黄金色に輝いています。
昭和の取りこぼしを平成の我々が取り戻しさせて戴きましたが、その現れのような気がしました。
先程の円盤の左半分も耀き 、円盤全体が光を放っています。
緞帳の右側が光りを伴いながらゆっくりと上がって行きます。
新紀元祭 熱海の部
3時33分執り行いの
お許しが出たようです。
美しい さざ波が遥か遠く迄続いています。
さざ波のその先に三角形が現れました。
小さく見えた三角形から大きな光り 、 太陽の光りが我々に向けられています。
根源で在らせられる
天照皇大御神様が
御顕現遊ばされました。
追伸
祭典終了後相模湾を臨んだ際見えた風景です。
霊視と重なっていると思われます。
以上 霊視報告でございます。
霊視お許し賜りました事 心より御礼申し上げます。
誠に有難うございました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。