メシヤ教への入会は“転会”することではない

さて、既に皆様から本部の方へ「入会お願い書」が届けられ、本日も御神前へ捧げられております。そこで初めに、入会の概念についてお話しておきたいと思います。お集まりの皆さんは、大半の方々が東方之光教団所属でしたので、メシヤ教に入会するというと、“転会”するという意味合いをお持ちになるのではないかと推測されます。そういうことではない、ということをまずお伝えしておきます。

メシヤ様御昇天後、「世界救世(メシヤ)教」から「世界救世(きゅうせい)教」へ呼称を変更して、メシヤ様が本来進められようとされた御神業から離れたものになってしまいました。私は、そのことを憂い、「世界救世(メシヤ)教」を復興して、メシヤ様が示された本来の御神業を推進させていただこう、と考えたのです。そして、メシヤ教としてその取り組みを進めさせていただいているのです。ですから、入会というのはメシヤ様が推進されようとした本来の御神業を担わせていただく、という志を持つということなのです。

ですから今回、出雲支部を発会させていただいたのですが、東方之光教団からメシヤ教に移る、という概念ではないのです。本来の「世界救世(メシヤ)教」という取り組みを進めるということで、偶々(たまたま)現在のところメシヤ教出雲支部となった訳なのです。これをいきなり「世界救世(メシヤ)教」とすると、対立関係が生じたりしかねませんからね。

そういうことで、メシヤ様が願われた本来の「世界救世(メシヤ)教」の取り組みを進めることに参加するということなんだ、というように理解していただきたいと思います。 しつこいようですが、移籍とか転会とか、ということではないのです。

本来メシヤ様が進めようとなされた取り組みに高まっていくということなんだ、と申した方が相応しいかも知れません。偶々(たまたま)お世話上、メシヤ教がその取り組みをお世話するということです。「世界救世(メシヤ)教」時代でも通称は「メシヤ教」だった訳ですから、私は通称を使っていることになりますが、本来は「世界救世(メシヤ)教」の御神業推進ということです。

そういう構造になっているのですから、意味合いからすると、どの教団に所属していても良い訳です。本来の「世界救世(メシヤ)教」をやってゆく訳ですから・・・・・。しかしながら、そういうことを考えると、今までの取り組み自体が怪訝(けげん)に思えてくるのではないかと思います。いや、情けなくなってきませんか、指導などを聞いていると・・・・・。

先月お配りした御論文『文明の創造』を改めて拝読させていただきつつ、御創業時からの御教え全てと対比しますと、「世界救世(メシヤ)教」開教が如何に大きな分岐点となったかが拝察されます。皆さんもご承知のように、終戦までは官憲の弾圧を避け歯に衣着せぬ表現を控えられて御執筆になられていました。また、神観についての御記述では、皇室に御配慮されて御論文を御執筆になられていました。それはともすると、真実を覆い隠す部分も存在することになりました。

しかし、信教の自由が保障され、表現の自由も保障され、メシヤ様は教団体制を整えるべく「世界救世(メシヤ)教」の開教に踏み切られたのです。それは明らかに本来進められようとされた御神業を本格的に推進する御意図の表れであります。そして、それまで御発表になられた御論文も、御神業の本格化に併せて真実を明らかにするべく集大成されようとなされた、と拝察されるのです。

ですから、このような説明を重ねさせていただくと、皆さんにとっては、これまでの所属教団の動きに対して情けないお気持ちになられることと思います。こんな素晴らしい御教えをですね、メシヤ様は集大成してくださっているのに、これを除(の)けておいて運営しようとしている訳ですから・・・・・。

平成23年7月メシヤ講座より

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。