怒らないより怒れない人に

私は若いころ(二十代)手に負えない乱暴者で、喧嘩の三羽鳥と言われたくらいでした。

それに、私は弱いから、すぐ物を持って殴りかかるようなことをするのです。自分で自分が怖かったくらい、喧嘩しては酒をのみ、あばれるという始末です。

この私を徹底的に救って下さったのが明主様です。『腹を立てるな、バカになれ』といつも言われました。

「腹を立てても、顔に出さなければいいのでしょうか」と申し上げると、明主様は『いかん。心に思うだけでもいかん』と強くおっしゃいました。

おかげで、それからだんだん私は怒らなくなり、”怒らないのじゃなく、怒れない人間”になってゆきました。やはり私の立腹癖について、ある時明主様は、『癪にさわってしようがないときみは言うが、犬に吠えられた時、きみは犬と喧嘩するか。善意を持ってやったのに、相手がきみに反感をもったら、そういう人間は人間じゃない。きみが癇にさわってカッとなるということは、相手のみたまと同じになるんだと思いなさい』と教えて下さったこともあります。

私の一生を通じて一番ありがたいことは、腹を立てなくなったことです。

また、私は一升酒をのんだほどの男でした。「私みたいなものでも、信仰者になれるでしょうか」と明主様に伺ったことがありました。

そのとき明主様は、『だから信仰が必要なのだ』とおっしゃいました。

(布教師)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。